脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか?
痛み止めを飲んでも腰やお尻、足の痛みやしびれが治まらない
5分くらい歩くとももの後ろが痛くなり立ち止まってしまう
腰を後ろに反ると症状が強くなる
夜寝ていてもズキズキ痛くて寝れない

原因として考えられる事

原因
脊柱管狭窄症とは、脊柱管という背骨の中心にある管が何らかの原因によって狭くなりその中を通る神経や血管が圧迫されてしまい腰やお尻、足に痛みやしびれが現れます。
特徴的な症状として間欠性跛行があります。
間欠性跛行とは歩き始めは症状がなく歩けるのですが、5分程度すると腰やお尻、足に痛みやしびれが現れてきます。しかし、少し立ち止まって休憩すると歩けるようになります。
脊柱管狭窄症は50代くらいから徐々に増え始め60代から70代くらいが特に多くみられます。男性と女性だとやや男性に多い傾向があります。
脊柱管狭窄症が多く起こりやすい場所としては腰椎の4~5番目、3~4番目、5~仙椎の1番目になります。
これらのどこの場所で狭窄が起きているかによって症状が出る場所が変わってきます。

当院の改善方法

1.筋肉の柔軟性の回復

背骨を支えている筋肉が固くなってしまっていて、姿勢をサポートすることが難しくなりいい姿勢が維持できず崩れてきてしまい神経を圧迫してしまいます。その筋肉の固さを取り除いていき骨格を支える構造を作っていきます。

2.姿勢の改善

本来S字カーブしている背骨が日常生活の中で崩れていき猫背や反り腰などになってしまうと神経を圧迫しだして痛みを出してしまいます。筋肉の柔軟性を出すとともに姿勢の改善を行っていくことで神経や血管を圧迫している状態を開放させて症状を改善していきます。

整形外科で脊柱管狭窄症と診断されベース整骨院に来院しました。数十メートル歩くと右のお尻からつま先にかけて痛みが出て、尾山台駅に行くのも大変な思いでした。整形外科で一か月ほど電気とリハビリを行いましたがあまり改善が見られず不安でしたが、ベース整骨院に通いだしてから2週間ほどで足の痛みが軽くなりなんとか駅まで休むことなくたどり着けるようになりました。今では、もう二度とあの痛みを繰り返したくないので定期的にお世話になり前のような痛みは出ていません。(70代女性)

朝起きて立ち上がろうとしたときにお尻と足に痛みを感じ治るだろうと放置していると痛みが強くなってきてしまい、階段の昇り降りがつらくなってきてしまいました。手術や薬に頼りたくなかったので近所で整骨院を探してベース整骨院にたどり着きました。丁寧な問診と原因を的確に探ってもらい治療してもらった結果大好きなゴルフに通えるまで回復しました。今では腰のことを気にすることなく生活が出来ているので本当に良かったです。痛みが出てから早くいけばよかったのにと後悔しました。(60代男性)

初回限定お試しキャンペーン
初回限定お試しキャンペーン

施術を受けやすい環境つくり

point01
ご質問があれば納得いくまで
丁寧にご説明いたします
point02
予約優先なので時間が読めます
point03
尾山台駅より徒歩3分なので
用事のついでに寄れます
point04
ベッドルームが広いので
落ち着いて施術を受けられる。
お子様連れでも大丈夫
point05
夜8時までに来院していただければ
施術可能なので会社帰りでも大丈夫。
着替えもあります

今の症状が良くなったら何をしたいですか?

今の症状が良くなったら何をしたいですか?

「肩の動きが悪くなり、痛みも出て、普段の家事がつらい」そんな症状がなくなったら日常でも余裕が出て楽しみを見つけられるでしょう。

「長年の腰痛があり、長時間の歩行が難しくなり大好きだった旅行に行くのが難しかった」そんな症状がなくなったら新幹線や飛行機に乗って旅先へ行ってそれからたくさん歩くことが出来るでしょう。

「手術をしなくてはならないのか?辛いリハビリ」そんな悩みがなくなったら大好きなスポーツを思う存分に出来るでしょう。

そのために私たちは親身になってサポートします
  • 24h受付 ネット予約
  • ライン予約