腰痛について

腰の痛み

腰の痛み

こんな症状でお悩みではありませんか?
朝起き上がる時に痛みや重だるさがある。
靴を履くときにかがんだ際に痛みが出る。
長時間椅子に座っていると痛みや重だるさが出る。
立っているだけでつらくなる。
お尻や足にしびれを感じる。
体の歪みを感じる。

腰痛の原因

原因
現代社会では80%もの人が生涯で腰痛を経験するといわれています。
その中で腰部ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎すべり症など原因が特定されているものは、ほんの15%ほどしかないのです。
残りの85%は原因不明の腰痛だといわれています。

「腰痛を治したいと思い整形外科や整骨院、マッサージなどにかかっても一向に良くならない。」 それは、その人の原因そのものとなっている場所にアプローチせず治療しているからです。腰痛が出る原因は患者様一人一人違うためその人に合った治療をしなくてはなりません。

腰痛事例

例えば整形外科に行き、 「レントゲンを撮り骨に異常はない、姿勢が原因で痛みが出ていると言われその日からピンと胸を張った状態で過ごしていた。 ところが、ある日いすに座った状態から立ち上がろうとしたときに腰に激痛が走り動けなくなってしまった。 結論としては姿勢を正そうとしたときに背筋を使いすぎていい姿勢だと思っていたのが反り腰になってしまっていて、腰の奥深くの筋肉が固まってしまっていた。」 など、人によって痛みが出るメカニズムが違います。
背筋の低下
1 背筋の低下
人は重力に抵抗して生活しているため、立っているときや座っているときに上半身の重みを腰回りの背筋が支えています。立位・坐位の時間が長いと背筋の緊張状態が続いてしまい前かがみになる際に縮んだ筋肉が引き伸ばされて痛みが現れます。
腹筋の低下
2 腹筋の低下
腹筋と背筋は連結しあい円柱状のコルセットを形成して腰の安定性を保っています。そのため腹筋が低下するとその分を背筋が補わなくてはならなくなり過度な緊張を生みます。そして前かがみなど動いた際に引き伸ばされて痛みが現れます。
腸腰筋の短縮
3 腸腰筋の短縮
腸腰筋とは腰の深い場所から股関節付近のももの骨まで伸びてくる筋肉です。この筋肉が何かの原因で短縮してしまうと骨盤が前傾姿勢になり、反り腰の状態を作ります。すると背筋が短縮し前かがみの姿勢がとりづらくなります。
お尻の筋力低下
4 お尻の筋力低下
お尻の筋肉は骨盤についていて下方にけん引していて、一方で背筋が上方へ引っ張ることで腰や背中の安定性を維持しています。お尻の筋肉が低下してしまうとそれを補うために背筋が過度な緊張状態となってしまい痛みが現れます。

ベース整骨院の治療

治療
どこが原因となって腰の痛みが現れているのかをきちんと探り、その原因に対してマッサージや電気治療を行うことで、筋肉のハリやコリが軽減され血流やゆがみが改善されます。
ただ電気を流したりマッサージをしたり湿布を貼っても治ることはありません。
適切な施術を行い本来、人が持っている自己治癒能力を高めてあげることが大事なのです。
初回限定お試しキャンペーン
初回限定お試しキャンペーン

施術を受けやすい環境つくり

point01
ご質問があれば納得いくまで
丁寧にご説明いたします
point02
予約優先なので時間が読めます
point03
尾山台駅より徒歩3分なので
用事のついでに寄れます
point04
ベッドルームが広いので
落ち着いて施術を受けられる。
お子様連れでも大丈夫
point05
夜8時までに来院していただければ
施術可能なので会社帰りでも大丈夫。
着替えもあります

今の症状が良くなったら何をしたいですか?

今の症状が良くなったら何をしたいですか?

「肩の動きが悪くなり、痛みも出て、普段の家事がつらい」そんな症状がなくなったら日常でも余裕が出て楽しみを見つけられるでしょう。

「長年の腰痛があり、長時間の歩行が難しくなり大好きだった旅行に行くのが難しかった」そんな症状がなくなったら新幹線や飛行機に乗って旅先へ行ってそれからたくさん歩くことが出来るでしょう。

「手術をしなくてはならないのか?辛いリハビリ」そんな悩みがなくなったら大好きなスポーツを思う存分に出来るでしょう。

そのために私たちは親身になってサポートします
  • 24h受付 ネット予約
  • ライン予約